• ボトックス

    slide-3

    たかやま歯科のボトックス治療の特徴

    ボトックス注射とは?
    筋肉に注射することにより筋肉を萎縮させ、その動きを弱める効果があります。
    口元の縦しわを消したり、咬筋(エラの部分の筋肉)を萎縮させることで食いしばり・歯ぎしり・顎関節症を改善、副次的効果として小顔効果も期待できます。
    また、気になるガミースマイルや顎の梅干しシワも改善出来ます。
    注射後3~4日くらいから効果が出始め、約半年持続します。
    抗体が出来るのを防ぐため、次回のボトックス治療まで4ヶ月あけば再度注射出来ます。ボトックスは治療する場所、注射する皮膚の深さ、量で仕上がりに大きな差が生まれます。

    たかやま歯科のボトックス治療

    1. しっかりとしたカウンセリングで、ボトックス注射部位や分量を決めていくので安心
    2. ボトックス注射は、メスを使わずにしわ・多汗症、小顔などの治療ができます
    3. 個人差もありますが、大体半年間程度ボトックス効果が持続します

    こんな方にオススメ

    • ガミースマイルが気になる
    • 顎の梅干しのシワを取りたい
    • エラを目立たなくしたい

    ボトックス注射のポイント

    【お化粧】
    ボトックス注射部位をこすらないよう注意してください。ボトックス注射後は、通常通りお化粧をしてお帰りいただけます。
    【痛み】
    注射部位を麻酔します。ボトックス注射の痛みはそれほどありません。
    【所要時間】
    麻酔後、ボトックス注射は5分~10分程度で終了します。
    【施術回数】
    個人差はありますが、効果は3ヶ月~半年位です。 効果が完全になくなる前に追加のボトックス注射をすることで効果がより長く持続しますので、定期的にボトックス治療をされることをおすすめします。

    ボトックス治療の流れ

    1)カウンセリング
    どの部位の治療をご希望なのか、カウンセリングにてボトックス注射部位を特定します。

    2)麻酔
    ボトックス治療部位へクリーム状の麻酔をします。20分~30分程度で効果が現れます。

    3)施術
    ご希望の部位へ直接ボトックスを注射します。手鏡にて確認をしていただきながらボトックス治療を行います。

    4)アフターケア
    ・洗顔、お化粧は当日から可能ですが、ボトックス注射部分は、2~3日間強くこすったりしない様注意して下さい。
    ・場合によってはボトックス注射部分が1~2日ほど腫れ、赤みが出る場合がありますが、それほどひどくはありません。
    ・ボトックス治療当日のアルコール摂取や激しい運動はなるべくお控えください。
    ・ボトックス治療効果の確認のため、2週間後にご来院いただきます。